AirPodsはランニング(ジョギング)に最適なイヤホンか

[周辺機器]

もうAirPodsが発売させてかなり経っているのでランニングに向いているかどうかも散々既出ですが、ランニング用に買おうか迷っている方に向けて私の体験談を交えて紹介したいと思います。

その前に、言わせて下さい。AirPodsを買ってよかったかどうかの感想をまず言いたいと思います。

買ってよかった。まじでオススメです!

もっと早く買うべきでした、、

私はApple製品はわりと持っているほうですがiphoneの次くらいに衝撃的な製品だと思います。

最近のAppleは各製品のスペックアップ品ばかり出していて革新的なものはほとんどでなくなってきる昨今、このAirPodsは最近の中では最も革新性のあるものだと感じます。もっと早く買えばよかった・・(2回目)

もう発売されて1年以上たっておりレビューも散々されているようなので基本的な性能スペックや使い方は書きませんが、未だに値下がりもしないしbluetoothイヤホンランキングで上位を持続していることから人気の理由も分かるのではないでしょうか。[2018.10月時点]

今回は

「AirPodsはランニングに向いているか」を焦点に書きたいと思います。

AirPodsはランニングに向いているか

いきなり、ごめんなさい。

向いてないと思います・・

先程絶賛しておいてなんなんだという感じですが、「ランニングには向いていないな」というのが私の感想です。

私の状態と走っている環境について書きます。

どんな状態?どんな環境で?

私の耳

耳垢が湿っているタイプでよく欧米人に見られる特徴の耳

(日本人は7,8割は乾いているタイプらしい・・)

私の体質

非常に汗っかきで辛いものやちょっとした運動で汗がかなり出る体質。耳もかなりびちゃびちゃになります(笑)

私の走っている環境

整備されたトラック競技場のような材質のコースを週2回、6キロほど走っています。

これまでランニングする際は有線のEarPodsを使って聞いていました。EarPodsだとしっかり耳にハマっているのは最初の5分くらいです・・次第にはずれていき最後には耳の溝に辛うじて乗っかっているだけの状態でずっと走っていました(笑)

それがAirPods(無線)に変わってどう変わったか

AirPods(無線)とEarPods(有線)を比べて

形状はほぼ一緒ですが普段使用の場合のはずれにくさはAirPodsが上だと感じます。線が無い分下に引っ張られることがないのでほぼズレません。

走っている時も同様です。私の体質上、イヤホンが外れやすい人群のグループに入るとは思うのですがそれでもAirPodsはEarPodsよりも落ちくいと感じるわけです。

 

落ちにくいのにどうしてランニングに向いてないんだ? とお思いでしょう。

何故かと言うとですね・・

AirPodsには決定的な欠点があります。。

AirPodsの最大の欠点

値段が高い

値段が高いがゆえに雑に扱えません。EarPods(市場価格約1000円)よりも外れにくいと感じたとしても値段が18倍も差があるならば、、100時間走って1回しか落ちないとしてもいつか1回がやってくる可能性があるならば装着するのに躊躇してしまう自分がいたわけです。

あと汗による故障の可能性も拭えません。EarPodsは洗濯機に入れてしまっても機能しますが、AirPodsはバッテリー搭載ですので濡れすぎるとヤバそうです。私のような滝汗をかかない人であれば問題ないかもしれませんが。

まぁ1回落としたくらいで壊れはせず傷がつくくらいでしょうし、汗くらいでは故障しないことは実証済みみたいですがなんせ高価なものなので万が一でも壊してしまったらどうしようという心理的ストレスをランニング中常に感じてしまったわけです。

結局走るときは有線のEarPodsに戻ってしまった私です(笑)

私のような耳、発汗の状態でない人はAirPodsで走っても全然平気という方も一杯おられるでしょう。また、私と同じような状態だとしても度胸があるというか、そんなの気にもならないという方もガンガンランニングに使っちゃって下さい。

本当は私も使いたいんです・・

 

ランニングとは異なりますが室内ジムでの筋トレ時なんかは最高にAirPodsとマッチすると思います。

ランニングのような激しい揺れが生じる運動以外ではとても快適です。

AirPodsは日常生活時の使用についてはむちゃくちゃ便利でストレスなく使えている状態です。唯一ランニング時だけが残念という感想です。

以上、私がAirPodsを使用してランニングした感想でした。

参考になれば幸いです。

追記:改善策

やっぱりどーーしてもAirPodsでランニングがしたいと心の中では日々思っていて、どうにかできないか考えてみました。

AirPodsが落ちないようにAirpods自体に(イヤーピース)イヤホンカバーをしてみると良いらしい。

実際に購入してみました。

AirPods用のイヤーピースを購入レビュー

3セットで899円[2018.10.21時点]とまぁまぁお手頃な価格。

この製品の正式な名前はイヤーフックカバーという名称です。ちなみにEarPodsにも使えます。

もっと安いものもありましたがレビューを見るとこの商品が安定した評価だったのでこの商品を選びました。

しっかりとした作りで100均とかにありそうなフニャフニャな感じではなかったです。

AirPodsに装着するのに最初多少手間取りましたが、何回か付け外しをしていると慣れてすぐに装着できようようになりました。

耐久性はどうなのかというところですが、触っている感じでは全然ちぎれはしなさそうです。ちぎれる可能性があるとすれば装着のときに思いっきり伸ばしたりすると寿命が早くなるかもしれません。

実際に走ってみた

イヤーフックカバー+AirPodsで走ってみました。

 

結構いいじゃないのこれー?

と思いました。

AirPodsだけで走っている場合、すっぽり耳にハマっていたものが、汗で段々下にずり落ちて耳の溝だけで支えている感じになっていました。

しかし今回のイヤーフックカバーを装着することにより耳全体で支えている感が増し、汗をかいても不安感は無くなりました。

AirPods単体の時は、走ると微小な筐体の揺れを感じていたのですがイヤーフックカバーをつけると全く揺れを感じません。この点も安心感をアップする要因な気がします。

 

AirPodsでランニングしたいけど落ちそうで困っている人は全員オススメできる!といいたいとこですが一点だけ残念な点もあります。

 

残念な点

お気づきかもしれませんがイヤーフックカバーをしたままケースに収納できない点です。

見れば当たり前な部分かもしれませんが、やはり付け外しを毎回行わないといけないというのは面倒です。

面倒ではありますが、慣れれば付けるの両耳10秒くらいですかね。外すのは一瞬なので気にはならないです。

 

この点さえ気にならなければ困っている方は超おすすめできますよ!

今回購入した商品

 

コメント