クレジットカードでコンビニで支払うのはどう思う?

未分類

クレジットカードを使ってコンビニで支払う。

みなさんはこれをどう思いますか?

「抵抗がある」と思う方も多いのではないでしょうか。「たかが100円や200円にわざわざクレジットカードを使って支払うか?それはちょっとどうだろうか・・」みたいなことです。

私の場合は100円だろうと200円だろうとクレジットカードで支払います。ちょっと前にコンビニで100円コーヒーをクレジットカードで支払おうとしたところ、コンビニ店員に「え?・・(心の声)」というような顔されて「カードで?。。」と言われたことがあります。つい最近のことです。ワタシ的にはなんの躊躇いもなく支払おうとしたつもりなのですが・・店員と私の間でだいぶ意識の差が出てしまったようです。

クレジットカードを使用する場合、大多数の方は大きな額の買い物ではまぁ使うことはあるけども少額の決済では使いたくない、、できるだけ決済回数は少なくしたい・・といった方達かと思います。

私はこんな考え方ではなくクレカ決済できるものは全てクレカで会計しています。

このようなクレジットカードを積極的に利用する派とそうでない派の差って一体なんなのでしょうか?

私が思うにクレカ使用に消極的な人達はクレジットカードのシステム(メリット・デメリット)をよく理解していないからだと感じます。金融リテラシーの差ですね。よ〜く理解しているならばはっきり言ってこんなにも全世界で浸透している便利システムを使用しないわけがありません。現金が強い日本にいれば必要はないというのはありますがそれを頭においてもクレカは便利です。

「でも、不正利用とか怖いし・・」などと思う方もいるでしょう。

 

ならば車の移動を例に挙げてみましょう。車は大変危険ですが危険だから乗りたくないという方はほとんどいないでしょう。車の移動はメリットもあればデメリットもあります。徒歩、自転車などよりも全然楽に遠くに行けること、雨風に全く晒されず移動できること、自分以外の人や大きな荷物を一緒に運べることなどはメリットです。デメリットは徒歩に比べガソリン代、車維持代などお金がかかること、人を轢いてしまい事故を起こしてしまうことなどです。特に事故ってしまうと人生がめちゃくちゃになってしまいます。それなのに平然と無数の車が日本中を駆け回っている。なぜか。車のことをちゃんと学習しよく知っているからだと思います(メリットが大きすぎるから学習するというのもありますが)。車の免許をとる=車の勉強ですしね。事故が起こらないように学習しリスクを最小限に抑えてメリットを教授しているのです。

逆に車のことをよく知らない人間がいきなり運転するなんてメチャメチャ危険でしょう。

ちゃんと学習し知ればその事象がなぜ多くの人に使われているか、リスクは何なのか、どうすれば回避できるか、が理解できます。

車の例は大げさですがクレジットカードも言いたいことは同じです。メリットがあるから多くの人に利用されているはずでなんの特もないのならクレカを利用する人はいないですよクレカを頻繁に利用する人はデメリット、リスクも充分認識した上で使っている方が多いと思います、メリットを享受するために。

と前置きは長くなりましたがクレジットカードのメリット・デメリットを見てみましょう。

クレジットカードのメリット1

現金紙幣を用意する必要がない。わざわざ銀行やATMに駆け込む必要がなくなります。

あと財布を落とした場合、現金なら抜かれてしまう可能性があるがクレカなら盗難保険がほぼ100%ついているためもしクレカを利用されてもお金は戻ってくるメリットもあります。

クレジットカードのメリット2

ポイントがつく。ポイントは上手く運用すれば現金とほぼ同じような扱いで支払いも行えます。

クレジットカードのデメリット1

クレジットカードは基本的には後払いな為、借金をしているというイメージです。恐らくそういうマイナスなイメージを持っている人の頭の中は「クレカを使いすぎて毎月返済に苦しみあげくは自己破産・・」みたいなのを想像しているのだと思います。

クレジットカードのデメリット2

先程もちょっと触れましたが不正利用です。クレジットカードを盗まれたり、番号を抜かれたりして勝手に使用されてしまうといったイメージです。

 

この2つのデメリットはたしかに実際に起こり得る事象です。

この2つがある理由でクレカの利用を極力控えている方は多いと思います。

借金イメージは自分の管理次第の話でもありますが、回避する方法はあります。クレカは支払い回数を変更できますので常に1回払いしか使わないと自分でルールづけすれば良いだけの話です。そうすれば支払い全額が翌月になるだけで翌月をすぎれば延々と借金をしていることはなくなります。クレカをよく知らず怖くて使わない人は常に1回払いのルールを作る発想すらないと思います。私も1回払いルールは自分の中で徹底しています。支払いが数ヶ月にわたると金利も馬鹿になりませんしね。

次に不正利用ですが不正利用は2つ手口があって偽造カード番号盗用があります。偽造カードは近年は激減していますのでネット上のECサイトで被害に遭うことが多い番号盗用がほとんどです。ネット上のECサイトはクレカの数字情報だけで支払えてしまう所が多いため、割と危険なのですが有名なECサイトではまず安全と思って良いと思います。あまり有名でないECサイトでのクレカ使用は危険度が高いです、私も絶対やりません。どうしても有名ではないECサイトを利用しなければならないときは残高がないと決済できないプリペイドカードで決済します。例えばLINE payなど。

いずれにせよもし万が一不正利用されたとしても補償がある為、私達はあまり心配する必要はないと思っています。

以上のように危険回避方法を自分の中でルール化して実行すればリスクは下がります

現金払いが主流の日本ではやはりなかなか受け入れられない支払い方法ですがそろそろ思考を切り替えるべきでしょう。電子マネー、QRコード決済や仮想通貨という支払い方法も登場してきている中で日本はいまだに現金が主流というのはそろそろ脱却すべきです。「今までどおり現金払いで何の問題ない」と言う方もおられるでしょうが現金以外の支払いのほうが確実に便利で楽で得をします、ちょっとの知識は必要ですが。ちょっとの知識、勉強だけで今後メリットを享受できるならさっさと今のうちにやったほうがいいです。

世界では現金以外の決済は当たり前となりつつあります。中国なんかでは現金のほうが信用ならない(偽札などの可能性)ので現金自体を持ち歩いてない人もかなりいるそうです。アリペイ、WechatペイなどQRコード支払いがほとんどですね。スウェーデンは世界一キャッシュレスが進んでいると言われ、もはや銀行でさえ現金を取り扱っていないところがあります。電子決済率は98%だそうです。

日本はこの流れに遅れつつあります。あと何十年かすれば現金自体が無くなってしまう可能性もあります。今のうちに慣れるべきと思うのですがね。

いまだに現金決済の方、試しにコンビニで現金以外で支払ってみませんか?

 

余談ですが、私は東京に住んでいる頃はコンビニはモバイルSuica1択でした。福岡に来てからなぜクレジットカード支払いに戻ったか?

コンビニではsuicaで支払いたいのですが地方だと「Suicaで」と言うのがなんとなく躊躇してしまうんですよね・・全国の大手コンビニでsuica支払いできるのはわかっているのですが例えば私の住んでいる福岡ではsucia自体を持っている人が少ないです。福岡ではnimocaかSugoca、はやかけんという交通系のカードがあるのでそちらのほうが認知度が高いです。多分店員さんなので知っているのはわかっているのですがこちらとしてはどうしてもSuicaという言葉を発するのに躊躇し遠慮してしまいます(笑)

「ス、スイカ・・?」みたいな顔されると面倒だと思ってしまうので・・多分スイカでもほぼ通じるのでしょうけど笑

東京に住んでいる時はそんなこと意識したこともなかったのですがね・・

結局、福岡に来てからはコンビニではクレジットカード支払いになってしまっている自分がいるのでした。

でも最近ではQRコード決済も対応してきているのでQRコード決済も使っています。

しかし決済の速さで言えばやはりモバイルSuicaが一番早いですよね。

地方民の戯言でした。


 

コメント